ジュンヤワタナベ(JUNYA WATANABE)が
コムデギャルソンの中で魅せる、その魅力に迫ります。

JUNYA WATANABE

ジュンヤワタナベの歴史

JUNYA WATANABEの歴史

ジュンヤワタナベが歩いてきた軌跡について、より詳しくご紹介します。

コムデギャルソンの川久保玲を師に仰ぐジュンヤワタナベは、文化服装学院を経て川久保のアトリエにおいて 10年間パタンナーを務めました。彼自身の初のコレクションを川久保のサポートを得て発表するに至るまでに、コムデギャルソン・トリコラインのデザイナーを務めていました。

自身の元アシスタントでもあるワタナベに対する川久保のここまでの献身的なサポートは、非常に厳しいファッション業界の競争社会において異例の事であるそうです。

ジュンヤワタナベの " 概念的服 " は彼のルーツであるギャルソンの世界で培われた物であると言えるが、レイヤーや構造、色などにおいては、わずかに誇張されています。

彼のコレクションは常に "最先端" と評されるが、それらに "鋭さ" や "アグレッシブ" 等と言う言葉は見当ず、変わりに彼の作品を形容するならば、まさに "詩的で、ロマンティック、そして時にフェミニンである" 等の言葉がふさわしいでしょう。

ジュンヤワタナベは服のシルエットを革新的な技術と素材の選択を用い、過去の時代の物から全く新しい物に変え、優れた服を生み出していきます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12904919
この記事へのトラックバック